スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.05.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ブログを引っ越しました。

    0

      ブログを引っ越しました。

      「花詩古書館」

      https://word-world.hatenablog.com/

       

      ブックマークなどされていましたら、お手数ですが変更をお願いいたします。

       

      鳥谷綾斗/肴猫


      ドラマ・「きのう何食べた?」との解釈違い

      0

        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

         

        まずはこちらの画像をごらんください。

         

         

         

         

        先週お花見に持っていたお弁当です。
        秘技・「ゆうべの残り物を詰めただけ」を使いましたが、むしろ「お弁当にするためにこれにした」的メニューでした。
        一石二鳥オブ一挙両得の必殺技に、有能オブ有能すぎて自分自身に「キラやば〜〜〜〜↑↑☆」とウカレポンチにイイネを押したんですが、ふいに思い出しました。

         

        この技は「きのう何食べた?」2巻でシロさんが繰り出していたことをーー。

         

        大事なことはだいたい漫画から学びます。

         


        【ドラマ1話を観て】
        肝心要の脚本は複数のエピソードを組み合わせる手法でしたね!

        目を引いた変更点は、主人公(シロさん)がゲイだという明示を少しズラしたこと。
        原作ではケンジとの会話でさらっと出てて、そのあと母・久栄さんが、

         

        「同性愛者なのはちっとも恥ずかしいことじゃないのよ!?」

        (※表情がやばい)

         

        という爆弾を投げる流れでした。でもドラマではふたりの『会話』ではうすく隠し、この『台詞』で明示されてました。
        はっきり言ってナイスです。インパクトはこっちの方がありますね。

         

        映像化ってやっぱり『映える』のが大事まなぁと頷きつつ、看過できない点がひとつだけ。

         

        ( ・_・)<インテリアがシャレオツすぎない??

         

         

        【ジルベールいわく、】

         

        「全然かまってないインテリアのこぢんまりとした部屋! ステキ〜♡」

         

        単行本7巻のジルベールのセリフです。確かにおうちシーンの背景を見る限り、シンプルイッザベストを素でいってるインテリア。でもドケチ、否、倹約家のシロさんらしいです。

         

        なのに何ですかあのインテリア。

         

        「だし昆布をビンに入れてる……」
        「マステで掲示物を貼ってる……」
        「て、テーブルが……アイアンフレームで木のぬくもりを感じられるレトロモダンなデザインだと……!? しかもリビングデスクもそれに合わせた意匠だと……!?」
        「ひぃ! レシート入れる小っさい引き出しが木! 側面に黒地に英字プリントがあるやつ! どう考えても100均では売ってない、あるいは売ってた材料でプチDIYしないとゲットできないやつ! ダイソーのプラスチック製、がんばっても3段アクリルチェスト200円(2019年時点で)とか使いそうなシロさんなのに!」
        「ひぃいい、空気清浄機はともかく間接照明があるー!」

         


        ( ゚Д゚)<めちゃくちゃこだわりありますやん!!

        ( ゚Д゚)<インスタで「#男前インテリア」のタグつけるやつですやん!!

        ( ゚Д゚)<シロさんが壁に星とか飾るかーー!?

         

        (※パニックの嵐)

         


        いえ、分かってはいます。
        ドラマだもの。画面的に映えさせないと。前項目の台詞の流れと一緒です。
        ですが、この胸に宿るオタクとしてのマインドが、つよくはげしく、解釈違いだと叫ぶのです。(めんどくさい)

         

        混乱を極めた(おおげさ)私は、落ち着きを取り戻すために考え直しました。

         

        ( ・ω・)<いやまあでも……ケンジの趣味だと思えば。

         

        たぶんテーブルや机を新しく買う時に、ケンジが美容師スキル(顔の広さとか人脈とか「オシャレが仕事」ならではのセンスの良さとか)を発揮して、安くて使い勝手がよくて見た目もキュートなものを選んだんでしょう。
        引き出しもケンジが材料を買ってきて、お休みの日に作ったんでしょう。傷だらけのアクリル製よりこっちの方がいいよーとか言っちゃって。
        たぶん壁の星は、ケンジが買ったんでしょう。ふたりで初めて100均に行った記念とかで。初めは「こんなもん飾って何になるんだ……」とか思ってたシロさんも、「まあいっか」になって、やがてそこにあるのが当たり前に……。

         

         

        えっ。そう考えると、この部屋爆裂ときめくな??

         

         

        (・△・)←開眼した顔。

         

        ちなみに食器棚や本棚のごちゃっと感は合格です。一般家庭っぽい。
        余談ですが、2話で出てきた佳代子さんち、鏡台がレトロでアラカンご夫婦のおうちっぽくて良き良き。
        それにこの男ふーふ、寝室のベッドのヘッド部分に枕以外の大きいクッション置いてます。ホテルくらいでしか見たことないやつ。だから解釈の余地はあります。あるんです。

         

        何だ……。
        言うほど解釈違いやないやないか……。

         

        胸を撫で下ろしました。

         

         

        【今回の話の総まとめ】
        ぐだぐだ書いといて最終的にはこのオチかよって思われるかもしれませんが、つまり要するに言いたいことは、

         

        妄想力って、幸せになれる鍵。

         

        ( ・ω・)<子ーどもーたちよぅく覚えとけー♪
        (突然の最近の人には分かんない曲/野猿の「FISH FIGHT!!」という曲です/平成初期にとんねるずさんが番組スタッフさんと結成した、日本一有名なPがプロデュースしたグループです)

         

        ドラマ第3話が楽しみ楽しみ。

         


        【余談・お花見って】
        お花見って、国民の義務であり権利だと思うんですがいかがでしょう。

         

         

        労働・教育・お花見。
        (納税? 知らない子ですね)
        今年もきれいに咲いた奇跡に乾杯。

         

         

        桜の樹の下で、
        桜吹雪の中で、
        桜の花の上で、
        ホラー小説(赤川次郎先生/『おでかけは「13日の金曜日」』/汐文社)を読んで、ホラー小説を書く(正確には手直し。また投稿サイトに上げます)という、まっこと雅なひとときを過ごしました。

         

        ( ・ω・)<最高。


        次回は映画感想記事です。


        ギルティ(映画)

        0

          JUGEMテーマ:映画

           

          ずっと迷ってたことがあります。
          現在上映中、またはDVD・BDが出ていない映画館で観た作品を書くか否か。


          ……(´∞`)……


          とりあえず書いてみるか、という結論に達しました。何事もトライ、クライ、トライ。(突然のリリック)


          というわけで「映画館で観ました映画」感想記事、初回は、デンマークの密室型サスペンス・『ギルティ』です。

           


          【あらすじ】
          ある事件で警察官を退き、緊急通報司令室のオペレーターとして動くアスガー。
          応対するのは小さな事件ばかりで、酔っぱらいやイタズラ電話に辟易していた。
          そんな中、イーベンという女性からの緊急コールがかかってきた。
          どうも様子がおかしいと思ったアスガーは、耳を澄まし質問を重ねる。

           

          「イエスかノーで答えて。あなたは誘拐されている?」
          「イエス」

           

          ――声と音だけの手がかりで、彼女を助けなくてはならない。

           

           

          以下、うっすらネタバレ中です。
           一応ふんわりした表現ですが、すぐピンと来るかと思います。

           

           


          【舞台設定がうまい】
          特徴はなんと言っても、全編コールセンター内で物語が進む点です。
          背景はコールセンターの、薄暗い、青みがかった灰色の硬質な室内だけ。
          そして画面の多くが主人公・アスガーの顔、顔、全身、また顔。
          ほんとに、「これアニメ映画だったらアスガーの顔描きすぎてアニメーターさん気がくるうんちゃうかな」ってくらいアスガーの顔だらけでした。

           

          誘拐されたイーベンですらいっさい姿を表しません。声だけ。声と言葉しか得られる情報はないーーという設定は、冷静に考えるとちょっと不自然で、本来なら、捜査・調査の糸口は他にたくさんあると思います。
          ですが、この物語では『情報源は電話の向こうの音声だけ』を徹底しています。脱出ゲームばりにヒントが少ない。

           

          この点が、もうほんっとに映画のテーマに沿ってまして。

           

          観終わった後、


          ああなるほど、アスガーはいわゆる『ネット社会の現代人』具現化した人なのか。


          あふれるほどの情報が身の回りにあるのに、実は自身の都合のよいように頭に入れる情報を取捨選択している人々ーーつまり、我々なのか。


          と気づきました。

           


          【キーワードは「想像力」】
          こないだ見かけたツイートに、こんなものがありました。

           

          メルカリにいたヤバい出品者の中でも今までで一番ヤバかった「高橋陽平を救う会」についてーTogetter
          https://togetter.com/li/1337048

           

          この映画とこのハナシ、テーマが共鳴しています。
          人がふたり以上いて、どちらか一方の話だけを聞くのがどれだけ危ういことか。
          知らず知らずのうちにやってしまいがちな過ちです。何故なら人間だから。考えすぎる葦だから。


          この映画のキャッチコピー、


          『試されるのは、あなたの想像力』


          が何とも心憎い。

          想像力というものをうまく逆手にとり、「試される」の意味も変わってくる。
          真相を知った後だと、このコピーがすこし変質して浮かびました。

           

          『想像力を、疑え』

           

          あえて『誰の』とは書かずに。肝に銘じる――というか、意識の片隅に常に置いておきたいです。

           


          【だけど映画だからこれだけでは終わらない】

           

          「ママに会いたい。ママ、帰ってきて」

           

          イーベンの幼い娘が、電話越しにアスガーに訴えたこの言葉。
          真相を知ってからだと、まるっと台詞としての意図が変わります。
          最初は主人公・アスガーの「絶対にイーベンを助けてやる。あの子に母親と会わせてやる!」というモチベーションを上げる薪的な役割だったのが、ラストではすこしの痛みを伴った希望に変わります。
          自分のやったことを理解して自殺しようとするイーベンを、この世に引き留める言葉になりました。

           

          この後、イーベンには苦しい現実が待っているし、もしかしたら娘の願いはつらいものになってしまうかもしれない。


          それでも、……。

           

          暗くて胸が痛くなるようなラストに、一掬の救いをもたらしてるのではないか――と、今では思います。

           


          【余談】
          シネ・リーブル梅田で観ました。
          久々の梅田スカイビルです。いやー変わりましたねー。ヨドバシカメラから行く道も記憶と全然違ってて、あの心霊スポットっつーか、油断してたら通り魔に襲われそうなうすら寂しさと物騒感はドコへやら。

          スカイビル内も「白っ!」って感じで明るく様変わりしてました。


          韓国の修学旅行生がいて、あちらの制服ってタイトスカートなんですね。可愛い。
          女子がほぼみんな赤いリップで、男子がほぼみんなダンディーカット(韓国の男性アイドに人気な髪型)。日本とは似て非なる感じで面白かったです。



          次回は何食べドラマのことを徒然と書きます。


          「きのう何食べた?」ドラマ化で春爛漫。

          0

            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

             

            「きのう何食べた?」/よしながふみ/講談社・モーニング

            http://morning.moae.jp/lineup/24

             

             

            約12年間、大好きな漫画です。
            ……って書いてて、読み始めた当時、かなりドロッドロの精神状態で、この漫画に、かーなーり、助けられたことをふと思い出しました。

             

            ( ・ω・)<ありがとうシロさん&ケンジ。

             

            なんかこれで〆でいいような気がしますが、それもどうかと思うので、今回は「『きのう何食べた?』を読んだらこんなにいいことあったよ!」を暑苦しく語る、ダイレクトマーケティングにも程があるダイマ記事です。

            各パラグラフのオチには「だからみんな読もう!」をつけてください。

             


            【料理が好きになった】
            読み始めた頃は料理があまり得意ではなく、お菓子ばかり作ってました。
            でもこの漫画、ご存知のように、細かい手順が描かれてあるのでつい作ってみたいって気持ちになっちゃうんですね。
            最初に作ったのは鶏肉の焼き肉のタレ焼き。うまくできたと言いたいところですが、なんか微妙に失敗しました。(ポンでコツ)

            しかし料理というものは、作り続けてさえいれば何となく何とでもできるようになるもので、今はほどよくおいしく作れるようになりました。

             

            特にリピートが多いのは、

             

            ・にんじんとツナのサラダ
            (にんにく入っててがっつり系かと思いきや、お酢のおかげでさっぱり旨い)
            ・キャベツとにんじんと玉子の炒め物
            (冷めた方がおいしいという奇跡)
            ・キャベツの梅じゃこ和え
            (キャベツの固いところばかり残った時に便利)
            ・中華風はるさめサラダ
            (本当にめんつゆとお酢は多めの方がおいしい。炒り卵を作る時もごま油多めに)
            ・長ネギのコンソメ煮
            (ラクちんとしか言いようがないほどラクちん)
            ・大根とホタテフレークのサラダ
            (マヨなし派です)
            ・かぶの海老としいたけあんかけ&かぶの浅漬け&かぶの葉のふりかけ
            (葉つきのかぶを買ったら一気に3品できるヒャッホー。チューブじゃなくて針ショウガ派。海老がない時はお豆腐で)

             

            です。

             

            あとこの漫画で、エビチリのチリがケチャップだと初めて知りました。

             


            【『ゲイ』は特殊設定ではない、ということを識る】
            読み始めた頃は、「青年誌でよしながふみ先生でゲイの主人公か……大丈夫かな」みたいな気持ちになりました。
            何が「大丈夫かな」なのかって話なんですけど、本当にそんな所感が浮かびました。

             

            というのも、私の同性愛者への関わりは、『BL』あるいは『ゲイもの』あるいは『それら以外のジャンルの作品の登場人物』という、『二次元』くらいしかなかったのです。

            いわゆるLGBTな友人はいたのですが、自分的にその人は『友人の○○さん』であって、『同性愛者の○○さん』は後から来る印象(うまく言えない遺憾)だったもので、身近ではないといえば身近ではなかったのです。

             

            しかしまあ、この漫画を読んで。
            ゲイもビアンも浮気はするし、優しい人は優しくて、ピーーーーな人はピーーーーだし。
            異性愛者とたいした変わりはない。
            でも、ゲイならではの悩みとか考えはあって。
            でもそれは、性別や出身地や年齢などで、その人の考えや悩みやトラブルの種類が変わるのと一緒で。

            ……うまく言語化できなくて申し訳ありませんが、物語の登場人物を作る時に念頭に置いておきたいと思っています。
            (その設定ならではの人となりというか)

             

            ほんとによしながふみ先生の人物描写はすごいです。
            最新15巻でも佳代子さんちの娘さん夫婦のセリフで再認識しました。
            最初、ミチルさんが「たっちゃん」と呼んでたのが「パパ」に、
            そのパパはシロさんに「筧さん、どうぞ遠慮なく!」と、手巻き寿司のお刺身をお先にどうぞってしてました。
            ああ家族になったんだ。と、実感をもって理解できました。

             


            【一緒に生きてる感じがして、嬉しい】
            サザエさん時空ではないこの漫画。
            最初は43歳だったシロさんは、52〜53歳に。
            ケンジも50歳を迎えて、ゆるふわパーマから金髪坊主ヘッドに。
            渋めツンデレだったシロさんは、もうすっかりデレ多めになって、ケンジは性格はあまり変わらずですが料理の腕が上がりました。

            時間が流れてるんだなーとしみじみ思います。貴重な漫画です。

             

            この『登場人物が一緒に生きている』感(共感の極みともいえる)があるからこそ、毎話基本的なプロットは全部一緒なのに、何度も読み返してしまうんだろうと思います。

             

            なので、いつか悲しい別れがあるのかもしれない、と想像してしまいます。
            ですが、それはそれとして、今ここにある話をきちんと味わっておきたい。

            れは実生活でも一緒ですね。いつこの世とおさらばするか分かりませんもの。……。

            などと、時間の流れと諸行無常の象徴(だと勝手に思ってる)である、咲き満散る(さきみちると読む)桜を観ながら思いました。

             

            なのでこちらのインタビュー、大変胸にグッと来ました。

             

            原作者・よしながふみさんも納得のキャスティング 人気マンガ「きのう何食べた?」、ついにドラマ化 https://book.asahi.com/article/12260452

             

             

            “でもこの作品にはそういうものはないんです。積み重ねたページ数が、それだけで説得力になる。実際の人生でも、変化のきっかけってわかりやすい出来事ではなくて慣れだったりしますよね。”

             

            “人生の大事件も日常の中の一部として描きたい”

             

            このふたつで首がちぎれるほど頷きました。

             


            【だが結局はコレに尽きる】
            わちゃわちゃごちゃごちゃ書きましたけど、
            結論としては、

             

            ものっそい楽しみ。

             

            楽しみすぎて始まる前からロスです。(時系列的矛盾)

             

            楽しみです。それしかありません。
            キャスティングした人はちゃんと宝くじで五兆円当たったのだろうかと心配ーー※『キャスティングが神』という言葉の最上級の表現ーーになりつつ、


            関西では4月8日の放送日を待ちたいと思います。

             

            ( ・ω・)<今年こそシロさん母のケーキ作りたい。

             

             

            【余談】

            ……と、これを書いたのは4月4日。

             

            5日の時点で、TVerさんのお世話になっておりました。

             

            便利な世の中になったもんだ。すべてに感謝。


            小説教室と少しだけ優しくなった鹿。

            0

              JUGEMテーマ:創作活動

               

              先日、とうとう発表された新元号・「令和」。
              ツイッター界では擬人化などいろんな大喜利がありますが、個人的には、

               

              「『令』は元号になるのは初めてだから、経験豊富な『和』が相方としてあてがわれた」

               

              説を推します。えらいひとの優しさ。

               


              【小説教室】

               

              わかつきひかる先生の小説教室 

              https://wakatukirin.wixsite.com/wakatukihikaru

               

              こちらに通っています。
              3月の講義内容のひとつは「タイトル」でした。

              何を隠そう私のリクエストです。先生、ありがとうございます。


              この記事にもあるように、タイトル付けは鬼門ですなあ。
              いま考えているやつは既にタイトルが決まっているので、それに合わせればOKと考えればまだ気持ちは楽です。嘘ですキツいです。でも楽だと言い張っていたいです。(意地)

               


              【少し優しくなった(気がする)鹿】
              教室の後、鹿に会いに行きました。
              雨のおかげか人が少ない。でも鹿は元気。鹿せんべい売り場にじわじわ近づき、明らかにせんべいを狙っている鹿が1頭いました。
              それでも動じない売り子マダムは流石でございます。
              (私ならびくついてそっこー襲われてる)

               

              雨に濡れて少し湿った鹿の毛を撫でてると、いろいろなものが脳裏に次々と浮かび、なんだか ( ´-ω-)σ な気持ちになってきて、思わず鹿に、ずっと溜め込んでいたモヤモヤ、息苦しい心情を吐露ってしまいました。


              するとーーなんということでしょう。

               

               

              鹿が、鹿が私の手をぺろっと舐めてきたのです。鹿せんべいも持っていないのに!

               

              「鹿……?」

               

              (慰めてくれてるんか、鹿ーー……?)

               

              (……そやな。落ち込んでる暇なんかない。荒んでる場合でもない)

               

              (目指す光ズレないで真ん中狙うなら、一点見つめて的絞って、)

               

              (まだまだこれからやんな!)

               


              【※突然のw-inds.さんの『LIGHT』/5thアルバム『THANKS』収録/余談ですがこのアルバムタイトルのおかげで、発売当時、身内から「えっw-inds.解散すんの?」と言われました。/やっぱりタイトル大事】

               

               

              「ありがとう鹿……! ーー鹿せんべい買ってくるから待っててな!」

               

              と、気分はすっかり朝ドラヒロイン(概念)で、意気揚々と鹿囲む鹿せんべい屋台に行きました。
              すると、

               

               

              やっべぇ、どの鹿か分からん。

               

              ( ・ω・)<ぽんこつ。

               

              とりあえず近くにいた鹿たちに1枚ずつ食べてもらいました。

               

              最後に珍しいかもしれない、角生えかけの鹿。


               

              つるつるやったで。

               


              【余談・コピー本作りは楽しい】
              毎年、友人氏にコピー本を作って、誕プレのおまけとして渡しています。

               

               

              内容は……何だろう、たぶん恋愛もの? ギャグ? いやある意味シリアス?


              渡した日の夜、改めて振り返り、「頭がおかしいを通り越して様子がおかしい」とうっかり正気に戻ってしまいました。

              どれだけおかしいかと言うと、タイトルが『恋色タピオカミルクティ♡』です。ハハハ。つらい。

              何故正気に戻ってしまったんだ。仲間内でのネタ走りは、いつだって正気を失ったもの勝ちだったのに――……!!

               

              ですが、そこはさすが友人氏。猫のような心っつーか懐の深さで面白がってくれました。

              ありがとう君たちこそファビュラス。

               

               

              次回は映画感想記事か、もしくは4月スタートのあのドラマ、その原作の話です。


              | 1/30PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << March 2020 >>

              E★エブリスタ

              E★エブリスタ

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recent trackback

              recommend

               (JUGEMレビュー »)

              デビュー作な王道学園ホラー小説

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM